ベッドに掛けたワッフル織のリネンブランケット

Linen blanket
梅雨と夏を、心地良く過ごす

ついにやってくる、じめじめとした梅雨の季節。そのあとに待つのは暑い夏。そんな時期に備えて寝具を衣替えする今、おすすめしたいリネン100%のブランケット。肌掛けとしてはもちろん、ベッドリネンとして、リラックスタイムのお供にも・・・一度使うと手放せない使い心地の理由をご紹介します。

ソファに掛けたチェック柄のリネンブランケット

敷いても掛けても。

ブランケットと聞くと、ひざ掛けのようにしたり肩に掛けたりして使うもの、と思いがちですが、実はソファカバーやベッドシーツのように敷いて使うのも活用方法の1つ。肌に触れる⾯積が広くなるので、リネン特有のさらっとした清涼感をより実感できます。また、長時間座って汗をかいてもべたつかず、寝苦しくて眠れない夜も、朝まで気持ちよく快適に過ごせます。

リネンのブランケットを掛けてソファに座る女の子

家族全員でシェアできる。

リビングに 1枚あれば、家族それぞれの使い方が広がります。天然素材なのでお⼦様のお昼寝用に掛けても安心。リネンが呼吸をするように、冷房による体の冷やしすぎから守ってくれます。縦幅180㎝で、大人の身体もすっぽり包める大判サイズですが、畳むとかさばらず意外にもコンパクトに。旅行やレジャーでも活躍します。

洗濯後に外干ししているリネンのブランケット

短時間で乾く優れもの。

なんといってもリネンの特徴といえば吸⽔性、速乾性と通気性に優れた素材だということ。ご家庭の洗濯機で洗うことができ、湿度の高い梅⾬時もすぐに乾いて衛⽣的。夏場の昼間だったら1~2時間で乾いてしまうことも。毎日汗をかき、洗い替えが足りない…なんて夏の時期にぴったりのアイテムです。

色々な種類の織があるリネンブランケット

デザインや織りの質感も様々。

リネンブランケットにはそれぞれ織りに特徴があり、質感も少しずつ異なります。インテリアにも馴染むデザインで、使わないときはソファやベッドに掛けておくだけでも絵になります。色柄はもちろん、お好みの肌触りを見つけてみてください。

リネンブランケット一覧はこちら

読み物・特集