Lino e Lina Alpaca

アンデス山脈からの贈り物

南米ペルーの南北にはしるアンデス山脈は、マイナス20℃~プラス30℃という厳しい自然環境の高地。
強い日差しや凍てつく寒さのその土地で、負けずに暮らす動物がいます。
あどけない表情が愛らしい、アルパカ。
アルパカがその過酷な自然環境で暮らせる秘密は、身体を覆う毛にあります。
自然が生み出してくれた、完璧なその仕組みを感じる時、
何ともかなわない気持ちになる。ペルーで育まれた天然の恵み。それを少しだけ分けてもらって、
リーノ・エ・リーナでは、あたたかく優しい、オリジナルのアルパカ・ニットをお届けしています。

Recommend Alpaca

アルパカ・ニットを選ぶ理由

繊維が細く、柔らかで滑らかな触り心地。ずっと触れていたくなる、そんな優しい肌触り。
着けていて心地良く、ウールに比べ、チクチクしないのもちょっとした幸せ。

自然が生み出した色合いだからこそ、飽きのこない美しさ。
アルパカの毛そのものの、ナチュラルな風合いが優しい気持ちにさせてくれます。

日常に、おめかしに。

手軽に巻いて、外出時にもさっと使えます。
デニム+ニットに合わせてデイリーに。よそいきワンピースに羽織って特別な日にも。

読書タイムや、映画鑑賞。お部屋で過ごす時に軽く羽織ったりするだけでも温まります。
寒い日のリラックスタイムに心も体もほっこりと。

ベビーアルパカ

産まれて初めて刈り採ったアルパカの原毛をベビーアルパカと言います。
たった1回しかとれない、貴重な素材。だからこそ、大事に丁寧に長く使いたい。